HOME > お知らせ

当院からのお知らせ

海老原医師外来診療変更のお知らせ
海老原医師 一般内科外来

10月30日(月)午後 休診(代診あり)
12月25日(月)午後 休診(代診あり)


ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

循環器内科:高田医師休診のお知らせ
高田医師 循環器内科外来

10月 7日(土)午前 休診(代診なし)
10月14日(土)午前 休診(代診なし)
11月 4日(土)午前 休診(代診なし)
12月 2日(土)午前 休診(代診なし)


おくすりの残りをご確認いただき、早めの受診をおすすめいたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。





成川院長外来診療変更のお知らせ
成川院長 内科外来

11月 2日(木)午後 休診(代診なし)
11月24日(金)午前 休診(代診あり)


ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

平成29年度インフルエンザワクチン接種について
今年度のインフルエンザワクチンの製造・出荷が遅れている影響により、
当院における予防接種の予約・実施開始日は現在未定とさせていただいております。

決まり次第、院内掲示またはホームページでお知らせ致します。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。


緑川医師外来診療変更のお知らせ
緑川医師 内科外来

10月14日(土) 休診(代診あり)


ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

〔栄養課通信N0.27〕 今年の梅
6月末より梅シロップを作成しています。

今年は7kg採れましたぎょが、傷が多い梅が多かったです。

天候のせいですかね?




昼休みにコツコツ採取太陽




覚書として

梅 3kg
きび砂糖 1500g
黒糖 900g
蜂蜜 500g
で漬けました。


3日でこんなにがーん

7月11日現在、もう少しでいただけるかな?です。

そして杏も少々採れたのでジャムを試作したら、とても美味しかったですにかっ

来年はアプリコットジャムを提供したい。。




音符おわり音符

〔栄養課通信N0.26〕 梅雨間近の献立から
身体の巡りが滞る季節が近づいています。

今回は、職員食のメニューの中より

こんな季節にぴったりという献立をお伝えします。

ぜひ、作ってみて下さい。

音符ひじきの彩りサラダ音符

○材料

○乾燥芽ひじき 6g
○むいた枝豆  10g
○人参 5g
○ハム 10g
○生姜 1g
○中華ドレッシング 8g

音符作り方音符

ひじきは水で戻し、茹でます。
枝豆は冷凍のを茹でて、さやから取り出します。
人参は、千切りにしてサッと茹でます。
ハムは細切りです。
すべての材料を、中華ドレッシングであえて、暫くなじませます。
器に盛り、千切りの生姜を添えます。



ハムは鶏のささ身肉や、胸肉を茹でて細くさいたものでもいいです。
ドレッシングはお好みの味でいいです。ポン酢もあいますね。

ひじきは、身体を冷やし余分な熱や水分を排出します。
冷え性の方は、少量にするか、ひじきは定番の煮物の方がおすすめです。

生姜で胃腸の動きを活発に!

おわり





〔栄養課通信N0.25〕 こどもの日
前回の投稿2日後に桜が満開となりましたので、その時の様子は、、、



見事だったのでUPします。そして今年は随分長い期間を楽しめましたにぱっ

さて、少し前になりますが「こどもの日」の献立になります。

献立内容〔常食)
☆そら豆ご飯
☆さわらの照り焼き
☆卵豆腐の桜あんかけ
☆キャベツとエビの和え物
☆抹茶ケーキ
☆清まし汁(たけのこ・みつば)


桜あんかけというのは、桜花の塩漬けをいれてほんのりピンクでした。
大根も桜型にしてピンクにしてみました。


さわらの照り焼きです。付け合せは錦糸玉子の海老しんじょうです。


抹茶ケーキです。
おいしそうlove


盛り付け後です。

おわり

「医療法人社団 恵有会」 設立のご案内
「院長 成川 有一」の個人病院として33年間運営してきた当院ですが、
平成29年5月1日より経営母体が「医療法人社団 恵有会」に変更となります。
これからもより一層地域密着をはかり、患者様とより良い関係を築いて参ります。
今後とも末永くよろしくお願い致します。


〔栄養課通信N0.24〕 番外編 春を探しに。
今回は食事内容はございません・・・ぎょ

院内を休憩時間に探索にこっ今日は春を越えて初夏のような陽気です。


まだ桜は咲いてないのです。


枝の先だけ開花していました。


つくしの大群ががーん 


ムスカリの紫色がとても綺麗で元気をもらいました。


満開~と思いきや桜ではなく杏の木です。6月頃に立派な実がとれますよ。栄養課内でこっそり味見をしているのは内緒ですぽわわ

病院という非日常の中、少しでも季節を感じて頂けたら幸いです。

おわり